歯の黄ばみにはホワイトニングジェル

歯が黄色くなる原因は?

歯が黄色くなる原因は色々ありますが、代表的なのが歯の着色汚れ(ステイン)と歯石の付着です。毎日、色の濃い飲み物や食べ物を多く食べていると、歯に色素が付着しやすくなり、一度付着するとブラッシングでは落ちなくなります。特に色の濃い飲み物は歯に着色する可能性が高く、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどは注意が必要です。

歯石も歯が黄色くなる原因で、歯石が歯に付着すると汚くなります。また、歯石は汚れだけではなく歯周病を招く原因にもなります。歯石の色は最初は白か黄色なのですが、次第に黒色へと着色していきます。加齢変化も歯が黄色くなる原因で、加齢による着色があります。年とともに歯が黄色くなるのは、象牙質が黄色くなることで起こります。年齢とともに歯が黄色くなるのは仕方のないことなのですが、ホワイトニングによってある程度は改善することができます。 おすすめのホワイトニングジェル

むし歯や治療後の詰め物よる変色も歯が黄色くなる原因の1つで、虫歯で歯が黒くなることがあります。この場合、歯科医院での治療が必要になるのですが、詰め物の偏食や金属による偏食もあり、経年的劣化により、歯が黄色くなることもあります。

ホワイトニングジェルで歯の黄ばみを取る

ホワイトニングジェルで歯の黄ばみを取ることは可能です。歯の黄ばみは、歯磨きだけでは普通中々落としきれません。しかしホワイトニングジェルなら、自然な白い歯を手に入れることができます。

ホワイトニングジェルは、コーヒー、お茶、赤ワイン、チョコレート、カレー、タバコなどの着色を除去する効果があります。毎日一所懸命に歯磨きしても、歯の黄ばみを取るのは困難なのですが、ホワイトニングジェルなら、通常の歯磨きの後に優しくブラッシングするだけで歯の黄ばみを取ることができます。

1日2回、歯磨き後に5分程ブラッシングするとよく、必死にゴシゴシ磨くよりも効果的です。普通の歯磨きにホワイトニングジェルをプラスしたほうが歯にも優しくて良いのです。歯を白くしたいなら、歯磨き粉は研磨剤不使用のものがおすすめで、さらに歯磨きにプラスして研磨剤の入っていないホワイトニングジェルを使うとよいでしょう。

ホワイトニングジェルには、歯磨きでは落としきれない汚れを浮かせて落とす成分が入っているので、歯の表面を傷つけることなく白くすることができます。ホワイトニングジェルには、ホームホワイトニングのような即効性はありませんが、継続していけば本来の自然な白い歯を取り戻すことが可能です。

キレイな歯のために

歯に付着しているステインを取り除くには、そのような成分が含まれている歯磨き粉を選ばなければなりません。ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉はにポリリン酸やメタリン酸といった成分がよく使われています。これらの成分は刺激が弱く歯にやさしのが特徴です。一度はがした汚れが再びつかないようにする予防効果も期待できます。ホワイトニングジェルは、自宅で簡単にできる方法としておすすめです。

歯を白くする 歯磨き粉 歯 ホワイトニング ジェル 歯 クリーニング 歯を白くする方法 歯 黄ばみ

歯磨きをする前に注意死体ポイントがあります。食後すぐに歯磨きをするのは、実はよくないのです。食事を終えた直後は歯のエナメル質が溶けだす脱灰という状態になっています。しばらく時間をおくことで溶け出したエナメル質が再石灰化します。再石灰化するまえに歯磨きしてしまうと、再石灰化が行われにくくなるので、虫歯などの原因となります。そのため、食後は30分~1時間ほど時間を置いてから歯を磨くのが良いのです。